PDC矢口渡歯科診療所

新患急患随時受付中ご予約お問い合わせ
Tel.03-6715-4111

PDC矢口渡歯科診療所

アクセス 電話アイコン電話する

ブログ

blog

CAD/CAM冠について


皆さんこんにちは、だんだん暖かくなり春らしい日が増えてきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

本日は多くの患者さんから質問をいただく「保険の白い奥歯」について少しだけ書かせていただきます。

2014年より部分的に保険でも白い奥歯が入れられるようになってきました。

それがCAD/CAM冠です。

ハイブリッドレジンブロックといわれるセラミックとプラスチックを混ぜ込んだ材料をコンピューターを使って歯の形に削り出すというなかなか近未来的な方法で作っています。

ご自身の負担金1万円程度(3割負担)で従来の銀歯ではなく、白い歯が入れられるので気に入っていただける患者さんは多いと思います。

そこでCAD/CAM冠の特徴をまとめてみます。

保険適応部位:上下の4番目と5番目の歯(糸切り歯の1つ後ろと2つ後ろ)

      :下の歯の後ろから2番目の歯(但し一番奥の歯が全てある事)

形態:詰め物→NG、かぶせもの→OK

利点:価格が安い(3割負担で1万円程度)、銀歯と比較すると白くてきれい、金属アレルギーの問題がない

欠点:長期使用すると削れてくる、着色・変色する、銀歯と比較すると歯を削る量が多い、多少外れやすいと言われている

簡単にまとめると以上のようになります。

CAD/CAM冠に限らず、多くの新しい材料が口腔内の詰め物やかぶせものに使えるようになってきました。それぞれ利点や欠点がある中で、患者さん一人一人に合った治療方法を話し合いながら選択していきたいですね。



カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ