PDC矢口渡歯科診療所

新患急患随時受付中ご予約お問い合わせ
Tel.03-6715-4111

PDC矢口渡歯科診療所

アクセス 電話アイコン電話する

ブログ

blog

親知らず、抜く?抜かない?


こんにちは😃

PDC矢口渡歯科診療所の石川です!

最近急に暖かくなってきましたね。こういう季節の変わり目に多いのが、歯茎のトラブルです。体が急な気温の変化に対応できずに免疫力が低下するんです❗️

その中でも今回は親知らず🦷に関わる歯茎の腫れについて少し書いてみようと思います!

親知らずと言えども大事な自分の歯!当然抜きたいわけありませんよね?痛そうだし!

親知らずは退化傾向にある歯ですので、最近の10代や20代の若い方にはそもそも生えていない場合もあります。

現代人の食生活では必要無くなってきているんですね。(大昔は硬いものをガンガン食べていたんでしょう)

まず、結論から言いますと、

キチンと磨けるなら残す❗️

磨けていないなら抜く❗️です。

親知らずは真ん中の前歯から数えて8番目の歯です。ただでさえ1番奥の磨き辛い場所なのに、多くの方は生え方が真っ直ぐではありません!現代人の顎の大きさでは8本目の歯は収まりきらないんですね。

食事にはあまり必要無い生え方が不十分な歯のせいで、わざわざ歯茎が腫れたり、虫歯で痛い思いをする必要はありません!

何より大事な一個前(7番目)の歯を親知らずのせいで虫歯や歯周病にしてしまう事が多いのです!

親知らずがキチンと真っ直ぐ生えていて、歯ブラシできる状態なら大事にしましょう!そうでないなら抜いて残った歯を大事にする。

とは言え、誰もわざわざ抜きたくないのは当然です!奥歯に汚れが溜まっていないか、虫歯になっていないか歯医医院で定期的にチェックしていく事をお勧めします。

いつまでも自分の歯で美味しい食事ができるよう、当院では一生懸命取り組んでまいります。

いつでも御来院下さい!


カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ